ビタミンC誘導体とメラニンの関係

ビタミンC誘導体は、体内に入って酵素と結合する事でビタミンCに変わる成分です。

美白効果が高いスキンケアを心がけている方はビタミンC誘導体にも馴染みが深いのではないでしょうか。

ビタミンC誘導体は肌の内側に入るとビタミンCとなるので、肌に対していろいろな作用をもたらしてくれます。

その中でも大きな効果が、美白効果。

紫外線に当たると肌の内側でメラニンが生成され、それがシミやソバカス、ホクロなどの原因になってしまいます。

シミやソバカスなどは肌の表面に出ている部分が全てというわけではなく、肌の内側にたくさん潜在している組織なのです。

ビタミンC誘導体が肌の内側に入ることで、このメラニンの生成を抑える働きをしてくれるだけでなく、すでに出来ているメラニンを除去する働きもあるので、少しずつシミやソバカスができにくい肌質を作り出すことが可能です。

また、ビタミンCは真皮層のコラーゲンと結びついて、肌の代謝を促してくれる働きもしています。

真皮層で新しい細胞が生成されれば肌の表面にある角質層は「古い角質」として剥がれ落ち、肌は新しく生まれ変わります。

古い角質の中に含まれているメラニン色素も角質と一緒に剥がれ落ちてくれるという効果があるのです。

肌の美白だけでなくターンオーバーも促進してくれるビタミンC誘導体は、新しい肌を作り出す働きをしているため、小ジワなどが気になる方のためのアンチエイジングコスメなどにも良く配合されているようです。

美白効果、アンチエイジング効果あり、抗酸化効果も高いのでニキビ予防などにも効果があるビタミンC誘導体は、積極的に摂りたい成分と言えるでしょう。

ページのトップへ戻る