借りやすいローンおすすめといえば?審査通るポイント紹介!【消費者金融】

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

参照:http://anpp.info/ranking/kariyasui.html

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較すると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、まんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はありません。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。