サプリメント利用の注意点

サプリメントは健康をあくまで「補助」する食品です。

必要な栄養素は出来る限り食事から摂るようにしてください。

ダイエット目的でサプリメントを偏重する方がいますが、しっかり食事を摂らないと内臓の働きが低下し、様々なトラブルの要因となります。

ときどき「サプリメントで病気が治る」といった類の広告文を目にしますが、サプリメントは医薬品ではありませんから、そうした誇大広告は鵜呑みにしないようにしましょう。

サプリメントの作用は、あくまで症状の「緩和」や「改善」を促すものであり、「治療」を担うものではありません。

脂肪酸など、特定の栄養素にアレルギーをお持ちの方もいるようです。

サプリメントで栄養素を補う際は、過剰摂取やアレルギーにご注意ください。

摂り過ぎて体外に排出されるものは問題ありませんが、蓄積するタイプの栄養素はトラブルの原因になる可能性があります。

あくまで「適度」な摂取を心掛けましょう。

サプリメントに「即効性」は期待できない場合が多いようです。

最低でも数ヶ月、半年は服用を続けるようにしてください。

それでも効果が実感できないようであれば、他のサプリメントを試してみましょう。

「どの栄養素が必要か」という問題には、年齢、生活習慣、健康状態によって大きな個人差が存在します。

その意味で「万人向けのサプリメント」はありませんから、自身に適したサプリメントを補給するようにしましょう。

同様に、天然成分だから体に良い、漢方だから副作用が無い、といった考え方も誤りです。

必要に応じて専門家のアドバイスを受けてください。

ページのトップへ戻る