三尊型とは?

株式投資において相場の動向をチェックするためにはチャート分析が欠かせません。

そんなチャート分析をうまく扱うのにはチャートパターンの把握がまず第一となります。

そんなチャートパターンのひとつに三尊型というものがあります。

英語ではヘッド&ショルダーズとも呼ばれるこのパターン。

「頭と肩」ということになります。

どういうものかといいますと、チャートにおいて高値から下落に転じる部分が3つの山のような形を作っている状況のことです。

その様子が頭と両肩を連想することからヘッド&ショルダーズという名称がつけられています。

三尊型という日本名はこの様子が仏像が3体並んでいるように見えることからつけられています。

この三尊型は基本的にその銘柄が下げ相場に突入した時に見られるものです。

株価の上昇から最初のピークが訪れていったん下落、そして再び上昇に転じて最高値を記録、そしてまた下落、さらにまた上昇を見せて高値を記録したもののまた下落に転じている。

この下落をはじめている状況に三尊型が見られるようになるのです。

このチャートパターンが見られた場合には今後の見極めが非常に重要となります。

今後再び上昇に転じる可能性は少なく、下落が続くことが予想されるのですが、どの程度の下落になるかがポイントとなるのです。

3つのピークの狭間にある二つの谷の価格をチェックし、それよりも低く下落していくのか、それともそこに達するあたりで安定するようになるのか。

売買のタイミングが重要となります。

基本としては二つの谷(ネックライン)の価格の段階が売りのタイミングとなります。

このように、最近の間に激しい値動きを見せた銘柄に見られるのが三尊型というチャートパターンなのです。

ページのトップへ戻る